意外と簡単に対処できる

壁紙の穴を目立たなくさせるコツとは

簡単に直せる方法を学ぶ

壁に画鋲を刺した後が目立つ場合は、木工用ボンドを使ってください。
穴に塗って乾かすだけで良いので、特に技術を持っていない人でも簡単に修復できます。
白い壁紙の住宅だったら、木工用ボンドのそのままの色で大丈夫でしょう。
しかし中にはクリーム色やグレーなど、色がついている壁紙の住宅も見られます。
その場合は木工用ボンドに、絵の具を少し混ぜて壁紙の色に近づけてください。
木工用ボンドを塗った後は完全に乾くまで、触ってはいけません。

普段歯を磨く時に使っている歯磨き粉でも、壁紙の穴を塞ぐことができます。
まず、穴の周りをサンドペーパーで削ってください。
それから歯磨き粉を塗り、少しずつ穴を埋めていきます。
またコーンスターチでも壁を修復できるので、やり方を覚えておきましょう。
わざわざ専用の道具を用意しなくても、身近にある材料で壁紙を直せます。
仮に自宅に材料がない場合でも、歯磨き粉やコーンスターチは近所のお店ですぐ買えます。
穴に気づいても慌てないで、冷静に対処してください。

ドライヤーとスプーン、霧吹きを使うことでも穴を直せるので方法を知りましょう。
穴が気になった時は、すぐに対処することをおすすめします。
自分が購入した自宅であれば、壁紙に穴が開いても誰かに文句を言われることはありません。
しかし賃貸は、退去する時に壁紙の修理費を請求されてしまいます。
余計な修理費を支払わなくても良いように、こまめに壁紙をチェックしましょう。

初心者でもできる方法を把握しよう

壁紙に穴が開いていても、すぐ直せるので慌てないでください。 そのためには、木工用ボンドが必要です。 さらに修正液でも同じように使えるので、あらかじめ準備しておきましょう。 もし持っていない場合でも、それらは文房具を扱うお店に行くと簡単に入手できます。

普段から使っている道具

木工用ボンドや修正液は、使用する頻度が少ないです。 ですから、自宅に用意していない時があるでしょう。 しかし歯磨き粉なら毎日使うので、いつでもストックがあると思います。 壁紙の穴は歯磨き粉でも目立たなくできるので、困っている時に実践してみましょう。

ドライヤーの風を当てる

完全に目立たなくなるように穴を直したい場合は、ドライヤーを使ってください。 穴の開いている部分に熱風を当てると、綺麗になっていきます。 賃貸で暮らしている人は、壁紙に穴が開いていると修理費を請求されるので気を付けてください。 自分で直して、出費を減らしましょう。