>

初心者でもできる方法を把握しよう

塗るだけで綺麗になる

木工用ボンドを、穴が開いている部分に塗ってください。
それだけで穴が塞がるので、目立たなくなります。
木工用ボンドがない時は、文字を消す時に使う修正液でも構いません。
コツは、少しずつ塗っていくことです。
いきなり大量の木工用ボンドを使うと、その部分だけ膨らんでより目立ってしまいます。

他の壁紙の部分と均一な厚さになるよう、少しずつ木工用ボンドの量を足してください。
失敗して、その部分だけ膨らんで目立った場合は、後から削ることで少しは改善できます。
削る時は、完全に乾いてから作業を行ってください。
乾く前に削ると、木工用ボンドが取れて周囲が汚くなってしまいます。
数時間放置すれば、完全に乾くので焦らないでください。

白以外の壁紙の場合

目立たなくするためには、壁紙の色に合わせることが大事です。
白い壁紙なら、特に何も工夫しなくても目立たない状態にできます。
しかしベージュやクリーム色などの壁紙は、白い修正液を使うと色が異なるので、まだ目立つかもしれません。
絵の具を使って、壁紙に近い色に変えてください。

なるべく壁紙に穴が開かないよう丁寧に生活を送っているかもしれませんが、ふとした衝撃で穴が開いてしまいます。
そのような時にすぐ対処できるよう、前もって木工用ボンドや修正液を用意しておきましょう。
この方法のメリットは、身近な道具しか使わないという部分です。
近所のコンビニでも扱っているので、ないと気づいた時にすぐ買いに行ける面も嬉しいですね。


この記事をシェアする